全ての写真は大きくなります。クリックしてどうぞ。

2012年08月01日

Bridge of the sky

2012_07_31_03511.jpg

いや。
天ノ橋立は普通にamanohasidateだろ。
そんなツッコミはいりませんよ。

ナントカ山の展望台に登って、股ぐらから覗きみると、まるで空にかかった橋のように見えるんだそうです。
なのでカメラを構えて股ぐらから覗きこんで撮りましたuso。

全然、空にかかった橋に見えないのは、やっぱり腕が悪いのでしょう。

でも俺が嫁を笑わせるために冗談でで股ぐらから撮るポーズをしてたら、となりでマジで股ぐら撮りしてる学生がいてビックリでした。
天ノ橋立に向かって何度も「ヤッホー!」と叫んでる人もいました。
最近の若者は頼もしい限りです。



 
タグ:天の橋立
posted by 成記 at 23:28| 京都 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | Stray at 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月02日

空クラゲ

2012_07_31_03489.jpg

京丹波で街灯を撮ったら、たまたまクモの向こう側に写ったんです。
Twilightの文字のgの上当たりです。
ピクセル等倍で切り出してみますよ?


2012_07_31_03489a.jpg

ね。ね!
これって空クラゲですよね。

このままではビーム兵器でやられると思い、すぐさまクルマに飛び乗って天ノ橋立方面に一目散に逃げましたとも。



 
posted by 成記 at 17:03| 京都 ☀ | TrackBack(0) | ナニコレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月03日

鉄橋を越えれば夏

2012_08_01_03693.jpg

幸せの山の向こうから ガタゴトと音だけが聞こえる
やがて音は 蒼い箱となって 姿を現すと 徐々に青みを増しながら近づいてきた
俺は汗を拭いながらカメラを構えると・・・・

ああ。時間がない!
アフォなこと書いてないで夜勤に出かけなくちゃ!



 
posted by 成記 at 20:01| 京都 ☀ | TrackBack(0) | 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月04日

来間の橋を逃げる水

2012_07_08_03200.jpg

逃げ水を追いかけるには105mmは遠すぎるな。



そんな事より、お前クルマに跳ねられるなよ、って話ですか。




 
posted by 成記 at 12:42| 京都 ☀ | TrackBack(1) | 沖縄リポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月05日

四つ足属のサミット

2012_08_01_03711.jpg

忙しさにかまけて、写真投げっぱなしですみません。
この文章は、2012-08-06に追記したものです。
天ノ橋立から京都市内へ向かう途中、舞鶴に寄り道してみました。
TS-E 24mm F3.5 L Uで赤レンガ倉庫群を撮りたいと思ったからです。
この倉庫は以前は開かずの間だったんですが、どうやらバーとして再利用されているらしいです。
開業前のこの時間帯は誰もおられなかったんですが、勝手に写真撮ってよかったのかな?

今更ダメだと言われても遅いけどね。


 


 
posted by 成記 at 08:29| 京都 ☀ | TrackBack(0) | Stray at 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

格子戸をくぐり抜け

2012_08_01_03709.jpg

2012-08-06の追記です。

TS-E 24mm F3.5 L Uと云うレンズ、いわゆる煽りレンズなんですがジオラマ風の写真が撮れるレンズと云えばお分かりでしょうか。
俺は未だジオラマ風は撮ったこと無いんですけどね。
前玉をチルトしたりスライドしたりできる、ある意味不安定なレンズであることを考慮すると解像度は高いと思います。
なので、チルトもシフトもしない状態だと相当高い解像感を叩きだしてくれます。ただし中央部分にいたってはと但しをつけますが。




 
posted by 成記 at 08:34| 京都 ☀ | TrackBack(0) | Stray at 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

年老いた郵便配達

2012_08_01_03702.jpg

2012-08-06の追記です。

退役目近と思われる老人は古い倉庫を守るように背筋をシャンと伸ばして立っていました。
通常の24mmでこの角度から撮ると下方に向かってテーパーが着いてしまいますが、シフト機能を生かしてまっすぐにしてみました。
クリックして見てもらえるとわかると思いますが、このレンズは立体感が不自然に高いのです。
被写体の輪郭のエッジが立つようにチューニングされてるんでしょうね。
でも、それはそれで上手に使えば武器になるかも知れませんよね。


 
posted by 成記 at 08:47| 京都 ☀ | TrackBack(0) | Stray at 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月06日

赤い煉瓦の谷の底

2012_08_01_03705.jpg

舞鶴編のラストです。
煽りレンズの真骨頂な構図です。

このレンズが無くても、例えばEF 24-105 F4L IS USMの24mm側を使っても正対した写真は撮れますが地面が沢山写ってしまいます。
その写真をこの比率で切り取ると画角が狭くなってしまいます。
あるいは地面を少なめに撮ると上方に向かってテーパーが着きます。フォトショップを使えば修正可能ですが、やっぱり修正すると24m角ではなくなります。
つまりこの写真はTS-E 24mm F3.5 L Uでない撮れない写真と云うわけです。

ここまで読むと、なんで24mmにこだわるの?と言われそうですが、それは俺が24mm角が好きだからというこだわりだけです。
それより上も下も、勿論有りですが24mmが個人的に好きなんです。





 
posted by 成記 at 22:34| 京都 ☁ | TrackBack(0) | Stray at 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月07日

ボンネットバスで行こう!

2012_07_26_03471.jpg

暇つぶしに信楽まで足を伸ばしました。
ヒトに勧めておきながら自分の車で行って来ました。


 続きだよーん
タグ:信楽焼 信楽
posted by 成記 at 23:07| 京都 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月08日

たなばたのそら

2012_07_08_03094.jpg

7/7に池間島に渡ったのは、勿論結婚記念日だったってこともあるけど、七夕の空を撮りたかったから。
晩御飯を食べ終わった8時頃に空を見ると快晴で天の川はまだ空の端にあったんだ。
夜中になれば丁度良い感じで撮れるだろうと1時まで一眠りした。
そしたらどーよ。

曇ってるやん。

とりあえず晴れてるうちに一枚でも撮っておけばよかった。
こんな所でB型のなんとでもなるさの血が仇になるとはね。残念。
また今度だなー。


 
posted by 成記 at 23:49| 京都 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 沖縄リポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月09日

烏丸半島のハス

2012_08_06_03730.jpg

琵琶湖の一角に群生するハス達が一斉に咲いたなら、それは壮観だろう。
でも、身勝手なハス達は咲いたり枯れたり、まだつぼみだったりするので全体を撮っても大した写真にはならないね。
近江富士を背景にしたらいいかも、と思ったんだけどなぁ。


2012_08_06_03736.jpg



2012_08_06_03742.jpg



 
タグ:ハス 琵琶湖
posted by 成記 at 01:02| 京都 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

切浜海岸

2012_08_01_03653.jpg

また沖縄か。
そんな声が聞こえてきそうだけど、ここは日本海。
まだまだこんな所もあるんですねー。
水の透明度も高そうです。
今度潜ってみましょうか。
30cmぐらい。


 
タグ:切浜海岸
posted by 成記 at 23:56| 京都 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月10日

誰が為の灰皿

2012_08_05_03714.jpg

これ以上、私に何を捨てろと言うのか




 
posted by 成記 at 01:24| 京都 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | ナニコレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月11日

的外れ

2012_07_07_02998.jpg

このデッキシューズには、この靴下が合うだろうと思ったのだが、履いてみるとイマイチ似合ってなかった。
まぁ。こんなこともあるさ。



 
posted by 成記 at 23:58| 京都 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | たわごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月12日

灼熱の天ノ橋立

2012_07_31_03542.jpg
posted by 成記 at 01:08| 京都 ☁ | TrackBack(0) | Stray at 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月13日

木の扉

2012_08_12_03748.jpg

さて、この絵の中にいくつの顔が隠れてるでしょうか。





自分で書いておきながら・・・・・・ああ、きしょく悪ぅー。




 
posted by 成記 at 23:40| 京都 ☔| Comment(8) | TrackBack(0) | ナニコレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月14日

TETRAPOD

2012_08_13_03829.jpg

さて、この絵の中にいくつの顔が・・・・・え?気味悪いのは飽きた?
えへへw 実は俺も。

なんかポスタリゼーションを施したような絵ですけど、撮って出しです。
嘘でした。縮小とロゴ入れました。あ、それは知ってらした?

拡大するとウネウネがさらに調子に乗りやがるので酔いますよ。
あぁ。
確認のために画像開いたら、めまいが・・・・・

 
posted by 成記 at 16:30| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | ナニコレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月15日

へしこ茶漬け

2012_08_12_03816.jpg

食わず嫌いの対局に位置する俺は食べたことのないものには、とても興味がある。
そんな俺でも食べたことのないものは数知れず。
両手の指では足りないのである。

若狭のおみやげに「へしこ」と呼ばれるものがある。
サバをヌカに仕込んだものである。
最近はタラやフグもあるので本家は「鯖へしこ」と呼ばれる。
昔から気にはなっていたのだが、なにせサバ一匹売りだから躊躇していた。
勢いで買っても、もし外したら処分に困るからである。

そんな折、宮津の居酒屋でへしこ茶漬けなるものを発見したのである。
宴の〆にちょうど良さそうなので頼んでみたのであるが、これが実に美味い。
ヌカの香りはするが嫌なものではなくサバの臭みをうまく消してくれている。
これなら買って帰っても問題なさそうである。

やみくもに頼んだら、やみつきになる美味さ。
そんなコピーを思いついたのであるが、すでに絵は出来上がっていたので、あきらめたしだいである。

と、いうわけで今回は「である調」で仕上げてみた。
「だ調」「です調」にも言えることであるが、綺麗な文章に仕上げるのは難しく、なんでも語尾に「である」を付ければいいというものではない。

ちまみに帰りのやまがた屋で鯖へしこを買い忘れたのは言うまでも無いのである。



 
タグ:鯖へしこ
posted by 成記 at 12:29| 京都 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月16日

ラッカー

2012_08_12_03784.jpg

タグ:塗料
posted by 成記 at 13:03| 京都 ☀ | TrackBack(0) | 道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スプレー

2012_08_13_03860.jpg

壁に落書きするのが、良くないことはお前も重々承知の上だろう。
それでも書いてしまうお前の思慮の無さと、得体のしれない居心地の悪さに歯向かおうとする精神は誰も買わなくても俺が買ってやる。
見えない何かを突き止めろ。努力しろ。
そうしたら人の気配に怯えながらスプレーで描いたお前の夢は叶うかもしれないぞ。
そうなることを少なくとも俺は期待してる。

悪いが、俺にはお前の書いたモノは解読できない。
だからこそ、いいのだと思う。何か思ってるのなら実現させろ。

若造と呼ばれた日々が懐かしい、しかも実現できなかった親父より若造へ。



 
タグ:廃屋 塗料
posted by 成記 at 13:30| 京都 ☀ | TrackBack(1) | 足あと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
全ての写真はクリックすると大きくなります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。