全ての写真は大きくなります。クリックしてどうぞ。

2012年03月15日

越冬

2012_02_18_999_5a.jpg

降り積もる雪も皆んなで寄り添えば・・・・・やっぱり寒いよね。
見てるこっちまで鼻水出てきそうだ。


2012_02_18_999_8.jpg

最近ちょっと寄り道してましたが、一段落着いたのでマメに更新しようかと思います。
本日、誕生日なので再開するには丁度いいかと^^

また、時おり覗いてやってください。



 
ラベル:羅漢 愛宕念仏寺
posted by 成記 at 22:22| 京都 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | Stray at 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月16日

天満宮萌芽

北野天満宮

京都の梅もようやく見頃を迎えますが、満開の花を見るだけでは片手落ち。
まずは萌えだす芽を愛でて枝ぶりの素晴らしさをほめてください。
梅の花は開花寸前が最も美しいのです。







などとてけとーな事を言って開花前の悔しい写真を載せてみました。やれやれ。


 人の多さにはびっくり
ラベル:北野天満宮
posted by 成記 at 20:24| 京都 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | Stray at 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月17日

かりそめのスウィング

かりそめのスウィング

春もいよいよといった感です。
花の盛りは短いもので、桜ほどではないにせよ、この梅も次に訪れた時には同じ姿をしていないでしょう。
気軽に押しがちなシャッターも、これが一期と思えば自ずと慎重になります。
今年も通年よろしく三春をCFカード収めることが出来ればよし、と思います。
やはり春は特別ですから。



 
ラベル: 北野天満宮
posted by 成記 at 00:17| 京都 ☁| Comment(9) | TrackBack(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月18日

ASTEROID BELT

アステロイドベルト

久しぶりの青空に浮かぶ赤い小天体群。
人に言わせりゃ“またあふぉみたいな撮り方して”って言われるかも知れないが、いいじゃん。
誰もこんな撮り方しないなら、やったもん勝ちでw

こんな撮り方ができるのは南天も千成も万両も見分けのつかない俺だからこそ。
わかってる人なら見てわかるように撮るだろうからね。



ところで私事ですが半導体製造の2級の試験に合格しました。ハイこれ読んだ人は拍手wwww



 
posted by 成記 at 00:54| 京都 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月19日

潜伏

ねぐら
posted by 成記 at 00:18| 京都 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | アジト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月20日

ブーゲンビリアと白い船

2012_01_02_999_20a.jpg

何か臭いタイトルが気になる方もいらっしゃると思いますが、せっかく撮ったのでしゃあないので載せます。
沖縄の海の色はよくタコライス ターコイズに例えられますが、何度見ても、いつまでも見ていても飽きることがありません。



2012_01_02_999_19.jpg


 
ラベル:ブセナテラス
posted by 成記 at 01:23| 京都 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 沖縄リポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月21日

桜島

桜島

とっても無難に撮れたかな。
てか、風景も結構撮るくせに、その手のセオリーを全く知らないので型にハマってるかどうか分らないんだけどね。

桜島とか言いながら実は鹿児島と地続き。それって島じゃなくて山じゃん。
桜島じゃなくて桜山じゃん。とか舐めた感覚で挑んだんだけど、実はスケールのでかい場所だった。
地続きだと思ってたけど、ま、実際に地続きなんだけど(ややこしいな)元々は島だったんだ。
大正3年の大噴火で流れだした溶岩が陸地となって鹿児島本島と繋がったらしい。

高校の時に阿蘇山に登った思い出があって、その感覚でもっと噴火口の近くまで行けるのかと思ってたけど、ここが一番近くで観測できる場所。
そのぐらい警戒されてる火山なんだよね。
実際2012年に入ってから300回近く噴火してるから1日平均、え・・・・・と何回だ?

とにかく迫力も凄いけど、火山灰も凄い。
止まらないくしゃみと溢れ出る涙と鼻水に悩ませながら撮ったんだ。

成記的なのも載せとくね。

桜島

駐車場の白線がかすれてるのは白線がかすれてるのじゃなくて、降り積もった火山灰で覆われてるからなんだ。
とんでもない量でしょ。


 
ラベル:桜島 鹿児島
posted by 成記 at 01:45| 京都 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

AC COBRA in Nurburgring

ニュルブルクリンク-GP_D_3.jpg

ドイツ ニュルブルクリンクサーキットをACコブラを駆って激走してきました。
と言ってもドライブシュミレーションゲームPlayStation3❝GRAN TURISMO 5❞中のお話。
このゲーム、カメラモードがありまして、保存したレース中のシーンにポーズをかければ後は実際のカメラを扱うようにシャッタースピード、絞り、露出、
そして画角を自由に選ぶことができるのです。勿論立ち位置も自由。
ただこの絵、500mmぐらいの望遠なんですが、f1.0まで開放できるんです。笑えるでしょw
実際にはありえないボケだけど、あったら凄いですよね。

半導体製造2級の試験勉強をしながら、息抜きにこんなゲーム(試験勉強の約50倍ぐらいの時間)してたらブログの更新なんて出来なかったわけですw



ニュルブルクリンク-GP_D_2.jpg

バーチャルの世界はさすがで、現実には撮影の困難な難しいこんな構図も簡単に出来上がってしまうので面白いのです。
そう思わせるのは妥協を許さないテクスチャーの作り込み、忠実に再現された車の挙動に他なりません。
製作者のポリフォニーデジタルには手放しで賞賛を送ります。
だって、ほらよく見て!
速度に合わせてスピードメーターもタコメーターも動いてるんだよ。

ただし自由に撮れる分、センスのなさまで露呈してしまうわけです。
痛し痒しとはこういうこと?まるでアトピーだ。



 
 
ラベル:PS3
posted by 成記 at 19:36| 京都 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | GT5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鹿児島中央駅観覧車撮像

2012_03_10_999_20.jpg

ほら見て。
桜島の右側の雲から流れる影。
あれが火山灰が飛んでるしるし(多分)。



 
ラベル:桜島
posted by 成記 at 21:13| 京都 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月22日

Code Number“わ”の獣たち

わナンバーの獣達

古酒バーでいい気分になった俺は沖縄の温かい夜を満喫しようとフラフラと散歩に出かけた。
月の出ない暗闇の中から息を潜めてこちらを伺う気配を感じて、ぎょっとする。
慌てて覗いたEOS5D mkUのライブビューに映し出された「わ」ナンバーの獣達の目、目、目。
うっかりと駐車場の奥深くまで入り込んでしまったことを後悔した。
見渡すと俺はすっかり取り囲まれていたのだ。


 
 
ラベル:ブセナテラス
posted by 成記 at 04:32| 京都 | Comment(2) | TrackBack(0) | Car watching | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ナッツ

2012_01_02_999_68ナッツa.jpg

ナッツは以前アップしたプリンと同居する猫です。
詳しくは家内のブログの過去エントリーを覗いてやってください。
どれがナッツかわかりますか?

プリンはこちら。
 
posted by 成記 at 21:13| 京都 ☁ | TrackBack(0) | 命あるもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月23日

春来

春来

御札を返しに城南宮に行って来ました。
天神さんの枝振りの良い古木とはうってかわってコチラは可愛らしい枝垂れ梅の若木。
本当は梅林と呼べるぐらい咲き乱れていたんですが、俺には画面一面を梅で埋める技量が無いので空いてる所を狙いました。


 
ラベル: 城南宮
posted by 成記 at 14:42| 京都 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月24日

高鳴り

城南椿

城南宮は梅と共に椿も有名です。
せっかくの城南宮ですから城南椿を撮ってみました。
いい構図を抑えることができたので、少し飛ばして春の雰囲気を出してみました。

レンズの事を少し言うと、このレンズはSIGMA 28mm F1.8なんですが、レンズが触れるぐらいまで接近できるんです。
さすがに等倍では撮れませんが、ちょっとしたマクロ撮影ができます。
比較的に安いレンズですが、昨日アップしたような広角からこんな花撮りまでこなせるお得なレンズです。
この写真はレンズの特性を生かして、というかちょっといちびってF1.8で撮りました。


 
 
ラベル:城南椿
posted by 成記 at 12:27| 京都 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月25日

実は行っていた

2012_01_21_999_22.jpg

2年に一度やってくる東京モーターショーのお下がりである大阪モーターショー。
こっそりと行ってきた。
しかも試験の前日。
何も悪いことをしてるわけじゃないけど気がひけるよね(誰に聞いてるのだ)。
ツケが回ってくるのは覚悟の上だったので、この日の晩は徹夜で詰め込んだ。
息抜きにGT5をいじりながら。


 
posted by 成記 at 12:58| 京都 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | Car watching | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

友ヶ島の寂しい瞳

友ヶ島の淋しい瞳

季節は遡って冬を迎えようとする友ヶ島で自生の牝鹿と出会いました。
物を乞うでもなく、逃げることもなく、一定の距離を保ちながらこちらを伺う瞳に野に生きることの孤独を感じたのです。



 
ラベル:鹿 友ヶ島
posted by 成記 at 14:13| 京都 ☀ | TrackBack(0) | 命あるもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月26日

淡麗

淡麗

踏まれて、なお淡く麗しく?



 
posted by 成記 at 13:19| 京都 ☁ | TrackBack(0) | 鉄塊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月27日

早すぎたアブラナ

早すぎたアブラナ

いったい何が早すぎるのかと首を傾げる諸兄もいらっしゃるだろうから説明しておくと、これは一ヶ月前の写真。
つまり2月27日の琵琶湖畔、守山での撮像である。
この日の気温はおよそ氷点付近を行ったり来たり。
本来の目的は琵琶湖を挟んで対岸の奥比叡の雪の頂きと菜の花のコントラストを収めようと思っていたのだ。
思っていたのだが先述の通りの寒さで、此方側は晴れてはいるものの向こう岸は実は猛吹雪で、大きな比叡山がすっかりかき消されてしまった。
でも、せっかく来たのだから何枚かは撮る。

早すぎたアブラナ。
ただ、日付の話だけではなく、この寒さの中で咲いてしまった菜の花は凍えていて、花弁を白く退色させていたのだ。
ただ、その姿はとても愛おしくあった。


早すぎたアブラナ



 
ラベル:菜の花
posted by 成記 at 11:32| 京都 ☀| Comment(6) | TrackBack(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月28日

哀しきTelephone Booth

哀しきTelephone Booth

おおよそ俺は電話に程遠い男ですから、知ってる人は知ってるけどケータイ持ってません。
わかったスマフォでしょ。いいえ持ってません。
仕事に行くと自分用のPHS持ってますけど、朝から晩まで鳴りっぱなしで身動き取れない事もしばしば。
トイレの中でもけたたましく鳴リます。
トイレの時ぐらい電源切れば?と言われそうですが、そうも行かない事情もあります。
たまに床に投げつけたくなります^^;
小説などで突然電話が鳴り響いた、なんてくだりがありますが、経験上、電話は突然にしか鳴ったことがありません。
そんなこんなで俺にとっては電話は理不尽で不自由な機械の筆頭なのでわざわざ毎月何千円かを支払ってまでケータイ持ちたくないわけです。

でも、なぜか公衆電話には親近感を感じます。
何ででしょうね。
そうだ、遠く離れたおふくろに久しぶりに電話してみようかな。
そんな気にさせます。
おふくろは遠く離れてないし、久しぶりでもないんですけどね。

そんな電話ボックスも最近は閑散としています。
昔は順番待ちの人が並んでたりしたのにね。

2011_12_13_999_15a.jpg



 
ラベル:公衆電話
posted by 成記 at 01:38| 京都 | Comment(4) | TrackBack(0) | 暗転 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月29日

友ヶ島V

第三砲台

旧日本軍友ヶ島第三砲台跡
はるか遠くに役目を終えたその場所は
人々の記憶から遠ざかり
あとは土に還るべく
冷たい雨に打たれ 吹き抜ける風に身を任せ
ただ ひっそりと佇んでいた




 
ラベル:友ヶ島
posted by 成記 at 02:07| 京都 ☀ | TrackBack(0) | 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月30日

花は流れて

2012_03_22_00045a.jpg

淡い色合いで心踊らせてくれた梅の花も散り始めました。
まだまだ見ていたい思いはありますが、このぐらいが丁度いいんでしょう。

桜が開くまでの数日間はつまらない日々を過ごすことになりますが、待ちわびている時には、すでに花見は始まってるんですよね。




 
ラベル: 北野天満宮
posted by 成記 at 00:00| 京都 | Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
全ての写真はクリックすると大きくなります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。