全ての写真は大きくなります。クリックしてどうぞ。

2011年10月05日

中之島ビーチ-伊良部島

2011_10_01_999_116a.jpg

台風の影響で終始暴風に煽られながらの伊良部島行でした。
ご覧の写真の岩肌が白くなっている箇所は先の台風12号が残していった爪痕です。
宮古島はサンゴ礁が隆起して出来た島なんですが、この写真を見ると本当だってわかるでしょ。
で、もってサンゴ礁で出来てるから山が無いんです。
飛行機の窓からみるとまるで海に浮かんだお好み焼き。
離着陸時はデジタル機器は使用禁止なので写真は撮れないのが残念デス。
今度「写るんです」でも持って行きますか・・・・・

三脚たててND8を付けて20秒の長秒露光で波を溶かして見ました。
風の影響は本当に強くて、俺のヘタレ三脚では役不足。
微ブレしてます......orz

でも欲張って長辺2400pxで載せて自爆する。



 
ラベル:伊良部島
posted by 成記 at 16:55| 京都 ☔| Comment(12) | TrackBack(0) | 沖縄リポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月09日

佐良浜港-伊良部島

2011_10_02_999_192.jpg

伊良部島で実は迷子になりまして、港に行きたいんだけど超狭い住宅街をあっちへウロウロ、こっちへウロウロと初代ビッツでラビリンスめぐり。
一向にたどり着けない。
それにレンタカーを傷つけると面倒なので、とっても面倒だ。ん?

こっちかな、あっちかなと走っているとホラ!眼の前に佐良浜港が。
俺の勘通り。

家内と息子に「写真いいのか?」とか余裕かましながら俺も一枚。

でもこのビッツ一台が通れる道、意気揚々と進むと左は行き止まり。右は階段。
しかも下り坂。

さて、あなたならどうする?


 
posted by 成記 at 23:58| 京都 | Comment(6) | TrackBack(0) | 沖縄リポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月10日

ムクゲ

2011_09_24_999_8.jpg

もう終わりだね
君が小さく見える

 
ラベル:ムクゲ
posted by 成記 at 00:29| 京都 | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トヨタ博物館

2011_10_08_999_11.jpg

もう尾張だね
黄身が小さく見える(※注:味噌煮込みうどん)

とても眠たい。
先週宮古まで弾丸ツアー決行で疲れてるのに
疲れてるのに何故か名古屋。

疲れてるのを言い訳に、ほぼ撮って出しでご勘弁をば。

2011_10_08_999_20.jpg
これ何?知らん。


2011_10_08_999_27.jpg
これ知ってる。オースチン・ヒーレー・スプライト。


2011_10_08_999_44.jpg

これ見るとオタマジャクシからカエルに変態するときの手も足も出ないアマガエルを思い出す。
ポルシェ356クーペ。
このサンゴローから流れをくむ911シリーズのスタイリングは正常進化を遂げてると思うけど、こうして見ると今の911とは全然シルエットが違うのがよくわかる。

やっぱり眠いので今夜はこのへんでドロン。



 

ラベル:トヨタ博物館
posted by 成記 at 00:50| 京都 | Comment(6) | TrackBack(0) | Car watching | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月12日

流転

2011_09_14_999_24.jpg






2011_09_14_999_21.jpg

秋も深まって参りました


 
posted by 成記 at 00:44| 京都 ☁ | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トヨタ博物館 #2

JAGUAR E type

こんばんは。
ぼくパンダじゃないよ。白いナマズでもないよ。
徳大寺有恒先生風にいうとジャグァって言うんだ。


MORGAN AERO

おいら、ヤシガニに見えるかも知れへんけど違いまっせ。
モーガンって言いますねん。
宮崎駿先生がオイラの仲間を所有してはったけど今でも乗ってはるんかなぁ。

ラベル:トヨタ博物館
posted by 成記 at 01:00| 京都 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | Car watching | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月15日

ボンカレー

2011_10_01_999_128.jpg

沖縄のボンカレー。

え?普通だって。
ボンカレー食べないあななたはしらないでしょうけど、もう本土のボンカレーはこの絵使ってません。
今は幾何学模様のあっさりしたパッケージだよね。

じゃ、なんで沖縄だけこのパッケージ何だろう。不思議だね。
でも、今や本土じゃ噂も聞かないドクター ペッパーとかメローイエローとかを普通に売ってる土地柄だし違和感ないけど。

かく言う俺もボンカレー、久しく食べてないなぁ。
第一この写真の女性も誰だかしらないし。

よく見るとね、あまくち からくち ちゅうから のそれぞれのカレーの写真が違ってて芸コマ、ちょっと好感度上がった。
でも俺的にはからくちは黄色じゃなくて赤のパッケージだと思う。

ごちゃごちゃ言わず、久しぶりに今度買ってみる。
ラベル:ボンカレー
posted by 成記 at 16:45| 京都 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 沖縄リポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月17日

トヨタ博物館 #3

2011_10_08_999_92.jpg
2011_10_08_999_95.jpg2011_10_08_999_96.jpg2011_10_08_999_101.jpg

トヨタ博物館の写真がまだまだ残ってるので、飽きない程度に小出しします^^

トヨタ博物館に行ったなら、この車は見て帰ってこないと片手落ちですよね。
高度成長期の象徴みたいな車です。
排気量2000ccで150馬力。しかもJIS規格ですから今の表示で行くと130馬力ぐらいでしょうか。
そう思うと大したことなさそうですが、直列6気筒DOHCエンジン、マグネシウムホイール、独立懸架式の足回りは当時では独創的でスーパーな車だったのです。
今では普通なんですけどね。

クラウンの一番高い奴が80万円ぐらいだったときに120万円のプライスタグをつけていたのです。
posted by 成記 at 19:45| 京都 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | Car watching | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月18日

胸騒ぎ

2011_10_01_999_45.jpg

潮騒に 心乱すな 朱い花
うすのろな地を 朱美に染めよ 意のままに
過ぎし夏空  呼び起こせ



伊良部の原っぱに建つ廃屋と、えt・・・・名も無き花としておきましょうか。


 
posted by 成記 at 14:47| 京都 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月20日

加太漁港-和歌山

2011_10_13_999_16.jpg

何故こんな場所にいるのかというと友ヶ島に渡るためである。
では、友ヶ島がどんなところかというと・・・・

2011_10_13_999_24a.jpg

15分で渡れるのに乗船料¥1,000-、往復で¥2,000-。更に自転車を持ち込むと別料金で¥800-かかるという、財布には厳しい島である。
え? 違う? 何がー。

ちなみに筆者は自転車を持っていなかったのが幸いした。
え?何だって?聞こえへんし。
もー!チャチャ入れんといてほしーなー。

 
ラベル:加太
posted by 成記 at 19:50| 京都 ☀ | TrackBack(0) | 見聞録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

航跡

2011_10_01_999_24.jpg

すごい綺麗な青が撮れたから、あんたにあげるわ


 
posted by 成記 at 20:05| 京都 ☀ | TrackBack(0) | 沖縄リポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

佐和田の浜-伊良部島

2011_10_01_999_83.jpg

未だ、上手くは撮れないんだけど伊良部の中ではとても好きな場所。
この岩達は台風で打ち上げられたサンゴ礁の成れの果てである。
向こうに見えるのは再三言ってる南国のお好み焼き。
ここは女子十二楽坊がpvを撮影した場所で、実際に行ってみると、この写真から受けるイメージとは違った素晴らしいロケーション。
せめて晴れていたら良かったんだけど、今回は曇り。
ということは、また行かなくちゃwということである。
目標があるということは、たとえそれが小さいものでも人をヤル気にさせるいいものだよね。

 
  
 
posted by 成記 at 20:20| 京都 ☁ | TrackBack(0) | 沖縄リポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シトロエン 2CV

2011_10_19_999_5.jpg

ドゥーシューヴォーって呼んでね。

 
posted by 成記 at 22:41| 京都 ☁ | TrackBack(0) | Car watching | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

秋はあけぼの

2011_10_20_999_7.jpg

最近は、というよりは通年、春と秋は疲れやすいのか眠くて仕方ないんですが、今日は久しぶりにスッキリ気分。
休みだというのに早く目が醒めたので朝焼けを撮ってきました。
本当は嵯峨野の朝もやの田んぼに斜めに差す陽の光跡をイメージしてたんですが、そんなもんはありませんでした。
仕方ないので広沢池でも撮っておきましょう。


2011_10_20_999_25.jpg

逆光ばっかりもつまらないので池の反対側に回って見ました。
池の後ろに見えるのは五山の送り火で鳥居模様が焼きだされる山の斜面です。


2011_10_20_999_31.jpg

ブログに載せる写真も溜まりまくってるので、ちょっとだけはけてスッキリw



 
ラベル:朝焼け 広沢池
posted by 成記 at 23:18| 京都 ☁| Comment(11) | TrackBack(0) | Stray at 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月22日

Return to kyoto

2011_10_02_999_253.jpg

それぞれの窓がそれぞれの部屋のよう
ラベル:新幹線
posted by 成記 at 23:53| 京都 ☁ | TrackBack(0) | ナニコレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月23日

こっちを向いてよハニー

2011_10_19_999_33a.jpg

撮り慣れた花ほど実は撮りにくい。
マンネリ構図に注意。


 
ラベル:コスモス
posted by 成記 at 00:16| 京都 ☁| Comment(8) | TrackBack(3) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月24日

夏回帰

強烈な日射しにも色褪せることのない唯一の花。それはこの花自体が太陽そのものだから。






真夏の正午を照らすサンランプ。桃色の光は強烈なコントラストを和らげてくれる。







人を恐れない魚たちを、馬鹿だなぁ、と思いつつ、人懐っこさに愛しく思えたりもする。







載せるのをためらっていた写真。もう時効ってことでいい?






松明の夜。うみの上で咲く花は一瞬の刹那。


ただのあまり写真集だったりして


 
posted by 成記 at 01:02| 京都 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | モノクロ3ch | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月25日

トヨタ博物館#4

2011_10_08_999_65.jpg

青いのはブガッティ、赤いのがアルファ。
メーカーのイメージ色だから、それぐらいはわかるけど、ここまで古い車の情報はよく知らない。
いや失礼、ほとんど知らない。

でも格好いいとは素直に思えるし、運転できる機会があれば(ナイナイ)ぜひやってみたい。

自動車は理屈じゃなくて理論で走る。
それは現代も同じ。
動力につけ、駆動系ににつけ、トヨタにはトヨタの、ホンダにはホンダの理論があるんだ。
でも、いいと思ったらパクリ当たり前。
旧車を見ると更に顕著で面白い。


2011_10_08_999_67.jpg





2011_10_08_999_69.jpg






2011_10_08_999_70.jpg






2011_10_08_999_75.jpg




 
posted by 成記 at 23:47| 京都 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | Car watching | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月26日

コスモスははかなくて

2011_10_19_999_46.jpg

京都大原の山をバックに天気もいいし健康的だなぁ。
でも何か気に入らない。

コスモスは儚くいて欲しい。
花には甚だ迷惑なお願いなのだけどお願いします。
ダメですか?そうですか。はぁ=3

何でって、だって俺、不健康だしさ。関係ないかも知れないけど。

いや、俺がコスモスってわけじゃないけど、ほらアレ。アレやんか。



 
posted by 成記 at 00:06| 京都 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月27日

鯖沖井戸-伊良部島

2011_10_02_999_68.jpg

前にも話をしましたが、宮古島とその周辺の島はサンゴ礁が隆起して出来上がった島であると言われています。
つまり宮古島、伊良部島、下地島、池間島、来間島ですね。
そんな成り立ちの島々ですからほぼ平地です。山らしい山はありません。
山が無いので川もありません。
なので飲料水は地下水に頼るより他ありません。

サンゴ礁でできている島ですから雨水はサンゴの土壌に吸い込まれ地下に貯まり海岸線で噴出します。
これを現地では「ガー」と言います。井戸や泉を意味します。
表題の鯖沖井戸は正式には「サバウツガー」と言います。

水道が引かれた今では利用する人はいませんが、かつては断崖を下って水を調達するのは女性達の日課だったと言います。



2011_10_02_999_52.jpg2011_10_02_999_54.jpg2011_10_02_999_57a.jpg

カテゴリー「沖縄リポート」なんだから、たまにはちゃんとレポートしなくちゃね。面倒臭がらずに。
よくよく考えるとやっぱり大場所で迫力あるんだけど慣れると麻痺しちゃうみたい。


 
posted by 成記 at 03:30| 京都 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 沖縄リポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
全ての写真はクリックすると大きくなります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。